突然身近な人に介護が必要になった時のために

介護net

日常生活が困難な方に

介護は老齢や心身に障害を抱えて、日常生活が困難になった人に生活の自立を図ることが目的です。

介護の準備

介護

もしものことがあれば

身近な人にもしものことが起きてしまい、介護が必要になってしまったらとてもショックなことです。しかし、いち早く生活を送れるようになるために、介護保険を申請しましょう。国が運営している介護保険制度を活用することにより、デイサービスなどのあらゆる介護サービスを負担金額を抑えて利用することができます。

介護保険の活用

介護保険の利用には要介護認定が必要です。要介護認定とは介護が必要になる度合いを測って認定を受けます。まずは岡山にある地域包括支援センターに問い合わせをして、要介護認定を受けましょう。

要介護認定を受ける

要介護認定は自立、要支援1~2、要介護1~5に分かれて認定を受けます。要支援度や要介護に応じて受ける事ができるサービスや介護保険の上限額が異なります。

ケアプランの作成

要介護認定を受ける事ができたら、どのように介護保険のサービスを受けていくかケアプランを作成しましょう。ケアプランは自分で作成することもできますが、ケアマネージャーに頼ることもできます。上手にケアプランを立てましょう。

サービスを受ける

ケアプランを立てる事ができたら、実際に介護サービスを受けましょう。また、この時も実際に受けてみて合っているのか、ケアマネージャーに相談しながら受けるのが大切になります。自分に合ったデイサービスなどの介護サービスが受けられれば、快適に安心して毎日過ごせるでしょう。